昭和のマロ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画<蜂蜜>

<<   作成日時 : 2011/07/30 06:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 このところ殺伐とした世相を映す事件が頻発している。
 あの平和なイメージのあるノルウエーのテロ事件。
 中国高速鉄道事件は人災だと抗議する被害者たち。

 そんな殺伐とした地球の一角で、自然に囲まれひっそりと暮らす家族の姿を、一幅の詩のような映像美で情感豊かに表した映画を見た。
画像

 第60回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞のトルコ映画<蜂蜜>だ。

 山深い幻想的な森林の中で、両親と暮らす6歳のユスフ少年。
 大好きなお父さんは一攫千金を夢見る養蜂家だ。
画像

「どうだった。今日の学校は?」
 実は吃音気味のユスフは、みんなの前で本を読むよう先生に指名されたがうまく読めなくてみんなに笑われたのだ。
「いいんだよ。秘密のことはこっそりと小さな声で言えば」と優しいお父さんはユスフを気遣う。
 
画像

 お母さんから「牛乳をちゃんと飲みなさい!」と言われてもユスフは嫌いで飲めない。
 そんな時もお父さんはこっそり彼の代わりに飲んでくれる。

 しかし、高い樹の上に設える蜂の巣はなかなかお父さんの思うようにはいかない。
 一時成功した蜂蜜の収穫も、ある日蜂の巣は空っぽになっていた。
 お父さんは新たな蜂の巣の仕掛け先を求めて家を出て行った。
 お母さんは茶畑で働いて家計の足しにする。
 
 しかし、お父さんはなかなか帰ってこなくてお母さんはふさぎ込みがちだ。
 ユスフは嫌いな牛乳をお母さんのために無理して飲み干す。
画像


 学校でふたたび先生から本を読むように促される。
 ユスフは一生懸命、とつとつとながら読み始める。
 笑おうとする生徒たちを先生は制して続けさせる。
 ユスフは読み切った。
 先生はみんなに拍手を求め、表彰のバッジをユスフの胸に付けた。

 自信のついたユスフは勇躍、お母さんに報告するため家へ飛んで帰った。
 
 しかし、たくさんの男たちが家に集まっていて、お母さんが泣き崩れている。
 お父さんが黒崖の所で巣を仕掛けようとして落っこちたという訃報が伝えられていた。

 ユスフはひとり、森の中へ入り、お父さんが初めて仕掛けた蜂の巣の跡を眺める。
 これからは自分が頑張ってお母さんを助けなくては・・・というように。

 詩人の谷川俊太郎氏がこの映画に言葉を添えている。

 言葉はためらい 言葉は沈黙する
 そんな静けさから生まれたこの映画は
 魂に向かって開かれた透き通る窓

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画<蜂蜜> 昭和のマロ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる